ロマン派症候群

日 時
2017年9月1日(金) 開演 19:00(開場 18:30)
会 場
サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 小ホール
出 演
作・演出:内藤裕敬(南河内万歳一座・座長)
音楽監修・ピアノ:仲道郁代
ヴァイオリン:川久保賜紀
チェロ:加藤文枝
出演:松永玲子(劇団ナイロン100℃)、坂口修一
プログラム
演劇と音楽で紡ぎだす
ショパンとブラームス
あらたな人間関係

ロマン派音楽の創生と興隆を彩った二人。
ポーランドを生きたショパン(1810~1849年)。
ドイツを生きたブラームス(1833~1897年)。
生きた時代と駆け抜けた世界が違う二人の大作曲家が、
偶然の出会いを果たす。

この奇想天外な出会いから生まれる物語。
そこから浮かびあがる二人の人物像、二人の音楽への想いとは・・・。

料 金
(全席指定・税込)
一般:3,000円
U-25(公演日時点・25歳以下):1,500円
※未就学児入場不可
お問合せ
サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)TEL:0268-27-2000
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)
詳細
ロマン派症候群